シンクライアントをしてコストを減らしましょう

会社の業務を行うにはパソコンを使うのは当たり前で、これが無いと仕事ができないです。パソコンで資料を作ったり、会社の大事な情報をまとめたりと、会社が利益を出すための必需品です。このパソコンは働いている従業員の人数に合わせて用意しなければいけないので、コストがかなり掛かります。会社を経営したいと感じていたり、会社のコストを減らしたいと考えている人はシンクライアントをすることで、会社に掛かるコストを減らすことができます。シンクライアントとは、パソコンに入っている機能を減らすことで価格が安くなります。会社のパソコンに最新鋭の機能が入っていても、一生使わない関係のない機能を省くことができます。これでシンプルな機能しか入っていないパソコンで業務を行えるので、会社にとってシンクライアントはとても重要です。

シンクライアント・システムは情報を守ります

シンクライアントとは、ユーザーが使用する端末機能を最小限に抑圧してサーバー側が行う処理の仕組です。または、そのシステム・アーキテクチャで使われるように機能を絞り込んだ専用のクライアント端末の事を意味する場合もあります。このメリットは、セキュリティ強化や情報漏えい対策にもなります。歴史が古く1990年に行われたシステムで、シンクライアントの実行方法は4種類に分かれています。どれもメリットやデメリットがありますが、情報を守る意味で必要なシステムです。種類には、ネットワークを通してOSブートする方法のネットワークブート式や遠隔操作端末の役割のあるサーバーベース方式があります。その他にブレードPC方式と仮想PC方式です。近頃では、コスト削減がメリットな仮想方式を行うシンクライアント環境が増えている実態があります。

シンクライアントに関するメリット及びデメリット

クライアント端末には最小限の処理のみを行わせ、その他大多数の処理をサーバーなどで行わせるシステムのことをシンクライアントと言います。現在様々な企業などで利用されていますが、中には導入によるメリット及びデメリットがいまいち分からず、導入を躊躇しているところも少なくありません。そのためまずは導入によるメリット及びデメリットについて知っておくことが重要です。まずメリットに関しては、セキュリティが向上するという点が挙げられます。サーバーでの処理が主なため、接続を中断することで端末からの情報流出を防ぐことができます。またアクセス性の向上も大きなメリットです。一方デメリットとして挙げられるのが、サーバーの故障などによるリスクです。大多数の処理をサーバーに依存しているため、万が一サーバーが故障や破損した場合、作業が全く行えなくなる危険性があります。その他にも様々なメリット及びデメリットが存在するため、しっかり比較検討し、導入することが重要です。

業界唯一のVMに最適化されたストレージです。 VMwareを始め、Microsoft Hyper-V、RHEV、Citrix、OpenStackなどを混在して稼働できます。 チューニングレスで常に安定したパフォーマンスを発揮します。 日本国内では富士通がOEM販売しています。 設定やチューニングを行うことなく、数百から数千台もの VM を同時に稼働できます。 SNIA Japanの賛助会員です。シンクライアントのことならティントリジャパン合同会社